Vigorous Stableのブログ

2014年01月


放牧地にレモンスカッシュちゃんとカルヴァドスさんがいます
S0086102



















レモンちゃんは張り切るカルヴァドスさんに必死になって付いて行きます
S0026088



















カルヴァドスさんの後で水しぶきを被って
目を瞑りながら走るレモンちゃん
S0036090



















泥水を被ってもレモンちゃんはカルヴァドスさんから離れません
S0046094



















カルヴァドスさんの気が済むまで走って、
S0096105



















落ち着いた様子のふたり
S0196129



















ふたりはクールダウンするように並んで歩きます
S0276148



















カルヴァドスさんは草を食べ始めました
S0136115



















草を食べる気がないレモンちゃんは、
S0186127



















カメラの前に寄って来ました
S0146119



















カメラで遊ぼうとするレモンちゃん
S0306154



















そこに、ティンクが放牧地を駆けてきました
レモンちゃんはカメラで遊ぶことを止めて、ティンクを目で追います
S0336163



















カルヴァドスさんの前に来たティンク
カルヴァドスさんはティンクのことを全く気にしていません
S0156120



















カルヴァドスさんが離れて行った後、
レモンちゃんがティンクの方へ近付いて行きます
S0206130



















匂いを拾うことに夢中なティンクはレモンちゃんに気付いていないようです
この後、顔を上げてレモンちゃんに気付いたティンクは
慌てて逃げて行きました
S0216134



















草よりも遊びたいレモンちゃん。
カメラともティンクとも遊べなかったレモンちゃんは
カルヴァドスさんにちょっかいを出します
S0226136



















カルヴァドスさんは草を食べることを止めて、
S0246139



















レモンちゃんに付き合います
S0256141



















ふたりは仲良くグルーミングをしていました
S0326160



















元気すぎる牝同士、すっかり友達になれたみたいでよかった



放牧地にモンさんとギュスくんがいます。
DSCF6015



















ひとりではしゃぐギュスくん
S0016018



















逆立ち
S0016019



















勢いよく駆けるギュスくん
S0016022



















ギュスくんはモンさんに突っ込んで行きます
S0026025



















迷惑そうなモンさん
S0026028



















モンさんはギュスくんを無視して移動します
S0046031



















何かの匂いを拾っているモンさんにちょっかいを出すギュスくん
S0056032



















モンさんはギュスくんを無視してフレーメン
フレーメンしているモンさんに更に絡むギュスくん
S0066034



















モンさんに無視され続けたギュスくんは
遊ぶことは諦めて一緒に並んで草を探します
そこに、ティンクが寄って来ました
S0076036



















並んで草を探しているふたりの顔の前で立ち止まるティンク
S0096039



















モンさん
S0106041



















ギュスくん
ティンクはふたりの顔を見ているようです
S0116044



















そして、モンさんとギュスくんの間に入ってしまったティンク
ティンク、何やってんの
S0146049



















モンさんとギュスくんが顔を合わせて遊び始めました
ティンク、ふたりに巻き込まれたら危ないよ
S0166053



















顔を上げてじゃれるモンさんとギュスくん
そんなふたりを見上げるティンク
S0176054



















これ以上ティンクを放っておくのは心配なので、ティンクを呼びました
S0186056



















ふたりともティンクのことは全く気にしていないようです
ギュスくんと遊ぶことを止めてまた草を探し始めたモンさん
まだ遊びたいギュスくんはモンさんにちょっかいを出しています
S0196059



















どんなに誘ってもギュスくんはモンさんに相手にしてもらえず・・・
ギュスくんはモンさんの隣でウトウトしていました
S0206061
























◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

忍者の仲間たちのストラップ絵馬ステッカーを販売しています。
よろしくお願いします


パドックでカッくんがゴロン
S0745976



















飛び起きるカッくん
S0775985



















ジャンプ
S0775986



















キック
S0775987



















一呼吸入れて、
S0775989



















カッくんはカメラの方に跳んできました
S0785993



















カッくん、ぶつかるよ
S0785995



















ひと暴れした後、カッくんは隣のぶっちゃんにちょっかいを出して遊びます
DSCF6002























カッくんと反対側の隅のパドックにレモンスカッシュちゃんがいます。
レモンちゃんはパドックの周りで遊んでいるティンクを見ています
DSCF5996



















ティンクが気になるのかレモンちゃんは追いかけます
DSCF5997



















レモンちゃんに追いかけられていることに気付いたティンクは
レモンちゃんを見上げて固まっていました
「レモンちゃん、何か用ですか
DSCF6001



















何かと自分より小さい女の子に興味を持つレモンちゃんです



カイロプラクティックの後、
カッくんに血液オゾン療法を施術して頂きました。

 血液オゾン療法とは>
 
100~200ccの血液を抜き、オゾンガスを混合させてオゾン化した血液を
 体の中に戻すという治療法です。

   
効果・効能
    1.体内の酸素化
    2.血液流動性の改善による末梢循環の改善
    3.免疫機能の向上
    4.細胞を活性化
    5.疲労回復

  副作用のない治療法として幅広い症例に使われています。
  1回でも効果はありますが、複数回行うことで馬体の強化が可能です。
  また、動きの硬くなった筋肉の周りに皮下注射することにより、
  筋肉の動きを改善します。
  消炎作用があるため靭帯の炎症にも有効です。





カッくん採血中。
DSCF5930



















カッくんから採った血にオゾンガスを混ぜます。
DSCF5933



















オゾン化した血液をカッくんの体に戻します。
DSCF5934



















オゾン化した血液・・・見た目には何もわかんないけど
カッくん、もっと元気になれるらしいよ
DSCF5935



















終始、静かで協力的なカッくん
DSCF5941



















カッくん、どーでしたか
DSCF5943



















明日からどんだけ元気なんだろ



カイロプラクティックを施してもらいました。
DSCF5923



















2週間ぶりに先生に施術してもらうカッくん。
DSCF5925



















2回目の今日はすっかり慣れた様子でボーっとしています
DSCF5927



















(´O`)ファ…
DSCF5926





















肉体改造中のぶっちゃん。
先生と運動メニューを相談しながら施術して頂きました
DSCF5944



















カッくん同様2回目のぶっちゃんも慣れた様子で先生にされるがままです
DSCF5945





















(多分)初カイロプラクティックのレモンスカッシュちゃん。
DSCF5947



















先生の触診中、緊張気味のレモンちゃん
DSCF5948



















レモンちゃん、固まってます
DSCF5949



















施術中、レモンちゃんは目と鼻の穴を大きく開いています
レモンちゃん、そんなに緊張しなくても
痛いことは何もされないよ
DSCF5950



















馬が嫌がるようなことはされないので
レモンちゃんが暴れたり攻撃したりすることはありませんでしたが・・・
決して先生の方を見ようとしないレモンちゃん
DSCF5951



















レモンちゃんはずっと目を見開いたまま固まって動きませんでした
レモンちゃんも次はリラックスできる
DSCF5952





















このページのトップヘ